【医師転職サイトの選び方】求人系ランキングサイトがほとんどステマってマジ?

年収500万円の生活はこりごりだ

大学時代の友人と食事をした帰り道の寒い夜、29歳だった私は転職することを決心しました。医局に属していない私は、求人を探すために医師向けの転職会社に登録することに決め、さっそく「医師 転職会社 おすすめ」という検索ワードでGoogleに尋ねてみました。

いくつかのまとめサイトに目を通しましたが、どのサイトもエムスリー、リクルートなどの大手の転職会社を同じようにおすすめしていました。親が望むままに医者になるほど赤子時代から素直だった私は進められるままにそれらの大手の転職会社に登録しそうになりましたが、あらゆる比較サイトが大手転職会社の太鼓持ちである理由なのかをIT系の転職エージェントとして働く友人に尋ねてみました。

 

転職系のランキングサイトなんて、全部デタラメだぞ

自らの仕事を「人身売買」と話す彼は、転職会社のランキングサイトについて次のように話してくれました。

転職系の比較ランキングサイトは、99%がステマだぞ。要するに善意でまとめてる風を装った広告サイトなんだ。

確かに趣味の分野ならともかく、転職会社の比較を趣味でやる人なんているわけないよね。でも、どうしてどのステマサイトも同じような転職会社をおすすめしてるの?

どのランキングサイトもお金儲けが目的だから、払ってくれる広告料金が高い転職会社から順番におすすめするんだ。で、サイトは違えど転職会社の広告料の順番は大体似たようなもんだから、どのサイトのおすすめ転職会社も同じようなもんってわけだ。

ちなみに上位でプッシュされてる転職会社って、大手ばっかりじゃなかったか?

確かに、聞いたことがあるような会社ばかりだったな。

大手のほうが中小の転職会社よりも広告費をたくさん出せるからな。ランキングサイトは「大手だから安心」と言うけど、広告費が高い大手を上位でおすすめするための屁理屈みたいなもんだな。

それはともかく・・・。どのサイトも中小の転職会社に対してだけマイナス意見を堂々と書いていたのは、喧嘩を売っても影響がない相手だからなんだね。

但し、広告費が大きい大手転職会社が悪いということではないぞ。世界一広告費が大きいと言われるP&Gのウィスパーの吸水力が素晴らしいことと同じだ。

では一体どの転職会社を使えば良いんだろう。

転職会社の良し悪しなんて、95%は担当してくれるエージェントとの相性だ。オペだって、病院の良し悪しより担当医の良し悪しに左右される部分が大きいってお前言ってたろ。とりあえず担当者と喋ってみるしかないよな。

会社自体を評価するのは難しいんだね。

但し、担当者との相性に依存するとはいえ、会社によってエージェントに傾向があるとは言えるだろうな。採用・教育には各社の考えが反映されるし、ノルマが厳しい会社とそうでない会社ではエージェントの対応も違うからな。

 

一通り転職会社を使ってみよう。そして感想をぶっちゃけよう

というわけで、昔から周到にやりきらないとムズムズする性格が災いし、可能な限りの医師向け転職会社を自分で使った結果をこのブログで公開することにしました。

どの転職会社が良かったのか?

私が転職会社を使ってみた感想は下記に記録します。あまりに正直な感想なので転職会社から怒られるかもしれませんが、しばらくバレないことを祈って。

私は良い転職会社・エージェントに出会うことは出来るか。そして、転職を成功させて年収500万円生活を脱することは出来るのでしょうか。

 

医師転職会社を使った感想です

>> ドクター転職ナビ →最も印象の薄い転職会社でした。

>> MCドクターズの利用体験談 →対応は良かったのですがやや営業っぽさが気になりました。情報量は豊富です。

>> 医師転職ドットコム・メディウェル体験談 →面談がなかったのが特徴的でした。時間が無い人に向いているかと。

>> リクルートドクターズの利用体験談 →今のところ、一番良かったです。病院内部の情報も充実していました。

>> ドクタービジョンの利用体験談 →医師の仕事内容についての理解度が今ひとつ的を得ていない印象でした。


投稿日:

Copyright© おすすめの医師転職サイトは? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.