転職のコツ

【リハビリテーション科医師の年収・転職事情】需要拡大中!!ワークライフバランスの良い診療科

更新日:

【必見】リハビリテーション科医師の転職について

病気や外傷の結果生じる後遺症や、慢性疾患により運動機能に生じた障害を医学的に診断治療し、いかにすれば元の日常生活を取り戻せるか、治療的訓練をサポートし、機能回復と社会復帰を総合的に提供することを専門とするのがリハビリテーション科です。

今回はそんなリハビリテーションを専門とする医師の転職事情について解説したいと思います。

 

リハビリテーション科医師のライフスタイル

リハビリテーション科は、まだ歴史が浅く、確固たるキャリアプランが構築されていないのが現状です。
たとえば整形外科、神経内科、脳外科など運動器や神経に関わる他科から転科する医師も多い診療科です。もちろん、最初からリハビリテーション科に所属して研鑽を積む場合もあります。

リハビリテーション科は特定の臓器を対象とするわけではなく、運動器を中心に、それを動かす神経の異常や病気についても知識を獲得する必要があります。また、立って歩くだけでなく、嚥下など体のあらゆる場所の機能回復を目指す診療科であり、幅広い知識が必要であり、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士をはじめとしたさまざまな専門職との連携も不可欠です。

高齢化に伴いリハビリテーションの需要は大きくなっているものの、リハビリテーションの態勢が十分整っていない医療機関も多く、潜在的需要は大きいと考えられます。

また、科の特性としては急患やオンコールが少なく勤務がしやすい科ですので、QOLの高いライフスタイルが可能です。

 

リハビリテーション科医師が転職する際に抑えたいポイント・知っておくべきこと

高齢者の増加に伴いリハビリテーションの社会的ニーズが高まってきており、需要は高い状況です。
リハビリテーション科医には、整形外科や脳外科出身の医師も多いですが、転職の際にはご自身の専門性を生かすことができるか、または専門性にこだわらずにやっていくのかについて考える必要があります。

転職コンサルタントより
転職の選考先では、もともとは何科の医師なのかなどこれまでのキャリアについての質問がされることが多くあります。リハビリテーション科の専門医を取得しているかどうかもひとつの指標としてみられます。

 

リハビリテーション科医師の働き方

リハビリテーションは、急性期リハビリと回復期リハビリに分けることができます。

どちらにおいても、リハビリテーション科の医師が病態に応じて各専門家と相談しアンガラリハビリ計画を立案し、リハビリを行っていきますが、リハビリテーション科医として考える事項は大きく異なってきます。

病院によって患者層が異なり、患者によってリハビリのゴールも異なるため、どういった病院に勤めるかによってリハビリテーション科医の仕事も変わってきます。

リハビリテーション科で開業する医師もいます。ただし、初期投資が大きくなりがちで、きちんとした事業計画が必要です。
自前であらゆるリハビリテーションまで完結できる医療機関は多くないので、近隣の総合病院と連携した経営をしていくことが大切でしょう。

 

リハビリテーション科医師の給与・待遇

基本的には勤務医である以上、他科と大きな違いはありません。
しかし大規模な病院で、リハビリテーション科専門医の資格取得を目的として募集している場合、残業は少ない科であるため年収もやや低めになるケースもあります。
その分、リハビリテーション科はワークライフバランスに優れた診療科です。

リハビリテーション科の年収は、病院の規模(リハビリテーション専門病院・総合病院・療養型病院)や地域や働き方によっても異なります。また、リハビリ管理、病棟管理、担当患者数、外来の有無などによっても変わってきますので、年収にも開きがでてきます。

リハビリテーション科としての経験が十分にあり、即戦力として働くことができる場合は高待遇で迎えられることもあります。

 

リハビリテーション科医師の転職事情のまとめ

高齢化で身体機能が衰えるなど、超高齢化に伴いリハビリテーション科医のニーズが高くなってきており、将来的にも需要が高い診療科です。人が人らしく生きることをサポートできる仕事であり、人間が好きな人に向いているのがリハビリテーション科医です。

転職を考える際、いかにすれば効率よく転職することができるか、ライフスタイルの充実、もっと給料を上げたい、専門医を取得できる医療機関で働きたいなど、リハビリテーション科としての勤務に興味のある方はぜひ一度キャリアコンサルタントにご相談してみてください。

 

医師ライターおすすめの転職会社ランキング

当サイトの共同運営者である麻酔科医師を含めた複数名の医師が実際に利用した転職会社から、おすすめの5社をご紹介します。

 

【1位】エムスリー

医師の評価 ★★★☆☆ 4.2点 >>クチコミ詳細
良い点 求人の量と質のレベルが高い。転職が具体的でない先生にもおすすめしている。
悪い点 私の担当からはやや営業っぽさを感じた。
公式サイト こちら

 

【2位】リクルート

医師の評価 ★★★★☆ 4.0点 >>クチコミ詳細
良い点 知名度が高く求人の選択肢が多い
悪い点 ヒアリング力が十分でないコンサルタントも居る
公式サイト こちら

 

【3位】民間医局

医師の評価 ★★★★☆ 3.8点 >>クチコミ詳細
良い点 1997年創業の老舗で全国に拠点有り
悪い点 医師との面談を重視しており、資料の用意がやや面倒という意見も
公式サイト こちら

 

【4位】Dr転職ナビ

医師の評価 ★★★☆☆ 3.5点 >>クチコミ詳細
良い点 適度な距離感で応対してくれた
悪い点 特筆すべき点が無かった
公式サイト こちら

 

【5位】医師転職ドットコム

医師の評価 ★★★☆☆ 3.5点 >>クチコミ詳細
良い点 医師転職業界では有名で実績豊富
悪い点 担当者との面談がなく、やや不安を感じた
公式サイト こちら

 

あくまで割り当てられた担当者の力量と相性で評価は大きく変わると思うので、2社程度に登録して相性が良い担当を見つけると良いと思います。


-転職のコツ

Copyright© おすすめの医師転職サイトは? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.